海外進出コンサルティングに掛かる費用の実状

海外進出を考える場合におきましては、周到な準備が必要とされております。その場合には専門家集団によりますコンサルティングを依頼することが重要とされており、海外進出におけるコンサルティングサービスの位置づけは大きなものとなってきております。このサービスの具体的な内容としましては法的な業務支援や人材の紹介、そしてマーケティングの支援に流通体制の構築と多岐に亘っております。つまり海外進出を行うためには様々な作業が必要であり、こうした専門家集団からのアドバイスなしでは不可能といっても過言ではないとされているのであります。さらに詳細な作業を記述するならば、法的業務におきましては銀行口座を設立することや現地における銀行口座の開設作業があり、さらに店舗や事務所をオープンさせるスペース確保作業や現地行政府に対する契約書や必要提出書類を現地の言語で作成する作業があります。また人材を確保するためには通訳が必要となりますし、現地におきまして求人広告を現地の言語で作成したり、その土地における習慣などにフィットした形式にする必要などが考えられます。それから最重要であると考えられるのがマーケティングの支援なのですが、具体的にはプロモーション計画を現地に適合した形式で立案する作業や現地での報道機関やマスメディアへのプレス発表資料を作成および翻訳する作業などがあります。これらのコンサルティング費用は個別に設定がなされておりまして、具体的な例を挙げますと海外における市場調査として10万円からとなっていたり、海外企業とのアポイントメント代行として1件あたり5万円などとなっております。

海外進出コンサルティング会社に転職したいなら

“上昇志向の強い若者の中にはコンサルティング会社に転職したいと考えている人は少なくありません。コンサルティング会社は略してコンサル会社などといいますが、企業の経営戦略を提案するのが仕事です。そして、そこで働きたい最大の理由は活躍できるフィールドの広さです。もちろん収入の多さや社会的評価の高さもありますが、それらはあくまで付随的な要因です。
基本的に、コンサル会社は海外進出を目指す企業を取引先としています。もちろん、国内だけを市場とする企業が取引先になることもありますが、基本は海外進出を考えている企業がメインです。
こうしたコンサル会社で働くことは簡単ではありません。経営戦略を考えることは企業の浮沈を決めることです。ですから、理論から現場のことまで経営について学ぶ必要があります。例えば、MBAの資格は必須要件です。この資格を持っていることが実績になります。
現在の世界の流れとしては欧米の一流大学でMBAを取得することが一般的ですので語学も堪能ということになります。語学の堪能さは海外進出を果たすうえで必須条件です。ですから、この資格取得者は要件を満たすことになります。
しかし、この資格を取得するのは簡単ではありません。最低でも2年は一日中勉強づけになる覚悟が必要です。MBAではいろいろなケーススタディを勉強しますが、予習から復習など授業時間以外でも勉強することが求められます。企業を経営することはそれほど難しいことです。そうした困難に耐えられる人だけがコンサルティングになれる資格があります。”

海外進出コンサルティングの利用方法

“海外進出コンサルティングに依頼するときには、その方法についても知っておくとよいでしょう。
まず、海外進出のためにコンサルティングに依頼するときには、利用する会社を選んでいくことになります。
会社によっても、対応している国や得意としている業務内容については違ってきますので、希望に合った業務をおこなってもらえるのか確認を行っておくとよいでしょう。
会社についてしっかりと調べた後には、実際に利用していくことになるのですが、この時希望する国であったりお願いしたい業務内容について伝えていくことになります。
それと合わせて、希望する期間を伝えたり予算を教えることにより、業務に関してのスケジュールを話し合うことができますので、伝えたい部分について確認を行っておくとよいです。
これらの問い合わせを行った後には、詳しい見積りや企画書の作成をお願いしていくことになるのですが、見積もりや企画書については必ずチェックするようにしましょう。
具体的な内容について確認しておかないと、実際に海外進出を行った時に、スケジュール通りに進まなくなるなどの問題が出やすくなってしまうのです。
また、会社によって着手金が必要になったり、支払方法も違ってきますので、金銭面でのトラブルがないように、事前に確認を行っておくとよいでしょう。
コンサルティング会社にお願いするときには、この方法について知っておくとよいのですが、正式に依頼する前に問い合わせも活用してみるとよいでしょう。”