コンサルティングを利用して海外進出する方法


“企業が海外進出して事業に成功するかどうかの最大のポイントは、その進出国の国情にどれだけ通じているか、ということでしょう。 というのも、ビジネスの環境というものは国ごとに大幅に異なっているために、その国情の違いをよく理解しておらずに海外進出をしてしまうと、とんでもない損失を被ってしまうことになってしまったり、最悪の場合には事業そのものが成り立たない結果になってしまって、大赤字を出した上に撤退せざるを得ない、というようなことになってしまうこともあるからなのです。 このために、海外進出に当っては、事前にその進出先である国の国情に通じるためのコンサルティングを十分に行っておくことで、その国情、特にビジネスに密接に関係してくる商慣習の違いや、市場の状況、金融システムのあり方、事業関連の法制度、さらにはその国の社会習慣といったものを、十分に吸収して理解しておくことが不可欠、となるのです。 そのための方法としては、その国の国情に通じているコンサルタントを雇うというものから、既にその国に進出している企業の情報を最大限に活用する、といったものまで、様々なやり方があるわけですが、要はその国のビジネス事情に可能な限り通じる、ということになるわけなのです。 孫子の兵法には、相手を知り己を知れば百戦危うからず、といった意味合いの格言がありますが、これは戦争についてのみではなく、ビジネスにも立派に通じる原則なわけで、ビジネスの相手を知らなければ、そのビジネスで成功を収めることもまたできない、ということなのです。 ”